相続の分割でよく起こる事態、相続放棄とは?

相続において相続人は、被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務を全て受け継ぐ、被相続人の権利や義務を一切受け継がない、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐという3通りの選択ができます。

この一切受け継がないという2つ目の方法を相続放棄と呼びます。

借金や莫大なローンといった負債が残っている、あるいは貰っても処分に費用がかかると考えられる物品が多いなど相続することの方が負担が大きいと感じられる場合は、相続放棄の選択をすることによってこのリスクから逃れることができます。

今回は、相続放棄についてお伝えします。

相続放棄の手続き方法と必要になるもの

相続放棄の申述に必要な書類は以下の通りです。

相続放棄の申述書

被相続人の住民票除票又は戸籍附票

申述人の戸籍謄本

被相続人の死亡記載のある戸籍謄本

申述人が被相続人の孫の場合は被代襲者(被相続人の子)の死亡記載のある戸籍謄本、申述人が被相続人の親の場合は配偶者又は子の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本と祖父母の場合は被相続人の親の死亡記載のある戸籍謄本、申述人が兄弟姉妹又は甥や姪の場合は配偶者又は子の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本と被相続人の親の死亡記載のある戸籍謄本と兄弟姉妹の死亡記載のある戸籍謄本がさらに必要になります。

提出先は、被相続人の最終的な住所となっている地域の家庭裁判所で手渡し又は郵送で提出します。

手続きで発生する費用としては、戸籍謄本の450円、収入印紙800円程度、切手代といったものです。

家庭裁判所に申し立てを行って、家庭裁判所から受理通知書が届けば手続きは終了となります。

相続放棄に関して注意しておきたいこと

相続放棄は、基本的に相続開始後3か月以内に行う必要がありますが、亡くなられた方の財産や債務の存在を暫く知らなかったということも考えられます。

このような相当の理由がある場合には、相続開始後から3か月以上経過していても相続放棄が認められます。

また、相続開始前に相続放棄の手続きはできません。

上記の申述と家庭裁判所の受理の審判によってのみ効力が発生すると定められているからです。

最も重要なこととして、相続放棄は相続という関係を離脱したとみなされますので、代襲相続の場合なども含めて関わることができなくなります。

0コメント

  • 1000 / 1000